好きな場所

カテゴリ:詩( 175 )

言霊。

言霊というものがある。
言葉を発すると、人間はその通りなのだと自覚して、精神的にも作用すると言うものだ。

だから「不味い物」を美味いとは言えなくても、
「そこそこ美味い物」を食べた時には、
思いっきりうまいって言おう。
そうすると本当に美味しく感じてくるし、次も食べたくなる。
次食べた時また美味しいと言えば、今度は感謝を覚える。

美味いと言おう。
食べ物に感謝して。
[PR]
by augusupormo | 2011-10-30 02:36 |

愛賛歌。

あなたと出会って こんなに寂しい夜を知りました
あなたの傍にいない事で 私の月は死ぬのです
私はあるべき場所をここへと思います 願います
どうか抱かれて眠ることを許してください。
月の恩恵を受けて
あなたを愛する事を許してください



今書いてる小説の主人公の気持ち。
ずいぶん愛しちゃったなぁw
本当はもっとライトに近づいていくはずだったのにw
[PR]
by augusupormo | 2011-10-26 02:53 |

明日。

明日生きていられるか分からない身で考える

今日を生きる事に意味はあるのか?

多くの人が自殺をする。

それは間違ってなんかいない。

けれど死ぬ前に考えて欲しい。

今日食べたご飯は美味しかった?

明日がもしあるのだとしたら、

明日美味しいものを食べたくはない?

酷く雑な理由だけど

生きる理由はそれでもいい。

死ぬ理由に溢れた日常に

一つの美味しさを求めて欲しい。

明後日があるか分からない身で考えて。

明日は何を食べようかと
[PR]
by augusupormo | 2011-09-07 00:05 |

ブリキ。

ブリキになれと言った人間は死んだ
ブリキはさて人間を何にするのだろう

ある工場の話さ 恐がらないで聞いてくれ
そいつは生み出さなくちゃならなかったんだ
工場の壁から作ったもんさ
軌道に乗せられたのはブリキのそいつも一緒だった

そいつは見境なく働いて死んだ
軌道とレールを作って死んだ
さてレールに乗った人間は
自分を何に組み込んだんだろう?

ネジを巻かれた人間は
歯車をいくつも作ったのさ
軌道に乗れレールに乗れ
全てを歯車が回れば回る工場を作ったのさ

工場の中は汚水にまみれ
人が住める場所じゃなかった
工場の中はブリキにまみれ
人が暮らす場所は別にあった

歯車を作った人間は死んだ
ブリキだけが人の生活をしたんだ
歯車は軋みけれどブリキは耳がない
どんな物音もブリキは聞こえないようになった

ブリキはレールでブリキを作る
これからもブリキを作り続けようと
工場の中はガラクタに溢れ
人が死んでも埋もれていった

ブリキで創られた人間は死んだ
ブリキはそれをなんとも思わない
歯車は折れてもう回れない
どんなゆがみを持ってもブリキは分からない

そう作られたから
そう作り続けるから

君は工場の一部なんだ
そして工場は燃えて錆びて腐ってる
どんな傷みもブリキは聞こえない
さぁブリキは何を作るのだろう?

ブリキになれと言った人間は死んだ
ブリキはさて人間を何にするのだろう?
ブリキに生み出された僕たちは
ブリキの中に何があるのか
聞こえないまま工場の中

さぁ君はなんだろう?




色々読みすぎて気分悪くなった。
最近欝な文とその反動の明るい文のギャップが激しくなってきた。。。
[PR]
by augusupormo | 2011-07-15 00:46 |

誕生日。

あなたはもう 大切な人で
それは僕にとって 素晴らしい喜び
出逢った事はないけれど これからの楽しみに

君が日々を 無事に過ごす毎に
誰かが笑うの 素晴らしい出会いに
君が辛く重い日を乗り越えた時
誰かが共に背負ってくれる

そんな風に生まれた事を、そんな風に生きたあなたを
僕は素敵に思います。

おめでとうとありがとう。
朝日と月夜に、一言ずつ。



かなさんおめでとうございます!!
駄文ながら貰ってやってください☆
[PR]
by augusupormo | 2011-07-08 00:01 |

一言。

一言で表わすのなら
そう前置きをしたとしてです
我々はいつもそれを望み、求めています
空を飾る星の在りようが、今のところ我々は直視出来ないというのに
黒が黒であるはずなのに、その表現は限りなく白に近しく透明であるというのに
我々は一言で表わすのです
見えないものを見えたかのように
感じない事を感じたかのように
そして我々自身が、いかにして存在意義を
誰に、どのように訴えかけ
そして結論はどのような未来の形を成して訪れるのか
それすらも、漠然と海を見るかのように構え、そして
我々の言葉はいつも一つきりなのです
星が瞬き、海は揺れながら月を歪ませて
黒の闇に蒼を見出す。全ては透明な宇宙の一部
我々は今日も世界に訪れるのです。

我々はいつも、世界になどいれないのです
この瞬間も失われているのです。
この瞬間も表現されているのです。
我々は続く線のように長くも続きもしません
光り、灯り、瞬き・・・
どの言葉でも構わないでしょう
なぜな我々もまた誰かに、
一言で表わされる「人間」なのですから…    


弟が宮沢賢治の詩を見ていて
『これくらいなら俺でもかけるお」
といったら『じゃぁ書いてみろよ」というので書いてみた。
割と高評価だったのでブログに乗せてみる。
[PR]
by augusupormo | 2011-06-20 00:09 |

欲しい。

何が欲しい?今の俺は何が欲しい?
空腹?いいやべつに
煙草?酒?もうやってる
気の利いた音楽?歌ってる
なら何が欲しい?何が欲しいんだ?
欲しいが欲しいんだ。
欲しいことが欲しいんだ。
何かを望んだり欲しがっていたいんだ。
傷つくことでもいい誰かにもらえるなら
とってもいかれた頭だからさ欲しくてしょうがないんだ

目的なき行動欲ほど虚しいものはないな。
[PR]
by augusupormo | 2011-04-29 00:40 |

問題キャンバス。

世界は解けていない問題集だ
僕は真っ白な解答用紙だ
木の陰の問題
星の光の問題
大地と車の問題
夢と希望の問題

世界は色鮮やかな絵だ
僕は真っ白なキャンバスだ
森を描こう 
太陽を描こう
地面を描こう
虹のような夢物語を描こう

人生は書くための筆記道具だ
使わなければ硬くなったり腐ったりする
書いた分だけ削れていくけど
無くなる前に使い切ろう
僕はキャンバス。僕は回答用紙
世界も人生も皆持ってる
さぁ描こう、僕を



気持ちが描けと膨らんでると
色んなものが問題に見えて、解けると気持ちがぱちんと跳ねる。
それが楽しくて。
何度も何度も星を見る。
そこにはたくさん問題があるから。
[PR]
by augusupormo | 2011-04-27 00:15 |

素敵に。

昔の君が どんなに素敵だったか
僕は知らない
今の君を 作ったものが
どんなだったかを僕は知らない
でも 君がいることを 嬉しく思う
出会う日の前に 君に出会えなかったことを
悲しく思う
そばにいて そばにいさせて
君が知らない僕は
君と出会って 素敵になれました
これから君が もっと素敵になるよう
僕はもっと 素敵になります
だから 傍に
[PR]
by augusupormo | 2011-04-20 18:38 |

ヒカリ。

光のように 一瞬じゃない
僕等は そんなに速くはない
だから ゆっくり近づくよ
だから ゆっくり生きようよ
一歩踏み出せば 君は君でなくなるけど
光のように 速くない
ゆっくり 君は幸せになる
[PR]
by augusupormo | 2011-04-20 18:36 |



詩を中心になにやらわらわらやってます
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
プロフィール

芸術系サーチエンジン

作詞サイトランク

携快達人▼趣味

小説サイト(仮)。



リンク集




koharuさんが復活してくれました!
素敵な作詞ブログです!
*tRanQuiL*

水蓮真澄様の小説サイトです!
うちゅ~人の書斎


見えない扉

ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧