好きな場所

<   2006年 02月 ( 48 )   > この月の画像一覧

告白3

A)春の行く先は どこにあるのだろう?
  消えた桜の花? 遠い香り風?
  いくら探しても 共には行けない
  握った拳に 汗が光ってる

B)出会った頃の季節だから ずっとそこにいたい
  季節が巡らなけりゃ ずっと 初々しい二人のまま・・・

S)燃え上がる夏の影に 眼を奪われ
  歩き出す君の手に 砕かれた氷が似合ってる
  めぐり合いの季節は過ぎ 次の場所で
  新たな出会いを生んで 僕らには進む道を作る
  ただ、その道筋が何処までも 交わるかは知らない・・・

A)木々の間より 海が恋しくなる
  だけど何処にだって 君といたいんだ

B)くだらない妄想を巡らせて 悔しさに溺れてる
  季節が巡らなけりゃ 今も ギクシャクしたままで・・・

S)星の光と夜の闇が 眼を奪って
  すり抜けてゆく君の手を 強く掴んでもう放さない
  心寄せる季節を越え どんなときも
  迷いなく続く限りは 何があっても、君が泣いても 冷たい手をもう離さない
  
  押し広がる 夏の花に 眼を奪われ
  歩み止めた君の手を もう一度強く繋ぎとめる
  めぐり合いの季節は過ぎ 次の場所へ
  僕たちは進むんだろう 手をつなげる距離を保ちながら
  「もう、このままで・・・そんな事、思いはしないから・・・
                ただ、進んでゆこう これからも 二人を信じよう。」
   

 
   
  
[PR]
by augusupormo | 2006-02-28 18:24 | 歌詞

告白2

A)笑うお前に心揺らされ そんな自分に苛立って
だけど本音はどこかでそれを 望んでいる今の俺
言葉ならば言い返せただろう 仕草なら見なければいい
だけど不意に心まですぐに届いてしまうお前の笑み

S)ただそこで何となく笑い 俺にまで笑ってろとえらそうに
 指を指し命令するそんなお前は今 何処までも楽しそうに笑ってる
 強がらなきゃ抱きしめてるだろう 小さな手を掴んでたろう
 ただ愛しいだけでこんなにも 苦しみを味わっている・・・

A)一度だけ本音を告げたときも 笑っていたお前だから
 未だに伝わってないままで 浮かんでいる今の俺
 言葉ならば聞き流せるだろう 仕草なら逃げれるだろう
 だから不意に心まですぐに伝わる物、探していた

S)近づいてくるお前をただ ゆっくり引き寄せて抱きしめた
  思い切り「好きだ!」と叫びたい気持ち押さえて ゆっくりとこの手を下ろした
  なのにその手を掴み取って 自分から抱きしめて
  「好きだって言えばいいだろっ!」と泣いている 苦しみを味わっている・・・

C)伝わらなきゃ意味のない物 信じなきゃ疑われる物
「本当?」と聞き返される物 言われたら戸惑う物を
受け止めてもらおう お前にまだ伝わらぬ思いをただ・・・

S)言葉ではとても言いにくくて 仕草では怖くてできなくて
思いの中でも重たくて だけれど心に伝えたい物
ただここで何となく笑い 泣いているお前まで笑ってろと
指を指し命令して強く抱きしめよう 何処までも楽しそうに笑いながら・・・
「お前の事がえっと・・・ただ好きで、今までごまかしてたけれど
    お前の笑顔が一番好きだ。だから、笑ってくれ・・・」

心はもう揺るがない この場所から




スランプから逃げ出せそうな感じです。思ったより長くなかったのはいろんな人からアドバイス受けたからだと思います!!!皆さんどうもです!!
[PR]
by augusupormo | 2006-02-27 19:11 | 歌詞

YUME(なんかかっこいい・・・)


 「ボクのゆめは!やきゅうせんしゅになることです!」

 なんて言ってたのは何年前だろう?

 今の夢は、作詞家、音楽家、歌手、ヘルパーさん、介護士、保育士・・・

 こんなにいっぱいあって、そして全部ここからは遠い。

 諦めて止まる事もできるけどそれはしたくない。

 無理せず趣味として続ける事もやりたくない。

 それが「夢」だから、何かがそこにあるから・・・

 それをやめたら何かなくなっちゃう気がして、終わっちゃう気がして・・・

 馬鹿にされても叶わなくても、それを夢と思わなくなりたくないから、

 今どこかに走っているんだろう。
[PR]
by augusupormo | 2006-02-27 16:53 |

告白1

クリスマス・イブの夜に
アナタは頬を叩きました
その眼には涙を
輝かせ口を結んで

振り返ることも無く 歩き続けるあなたに

「あなたが ここで待っていてと
言うのならここで永遠に
あなたを 待ち続けましょう
永遠に永遠に あなたを待とう」

振り向いた頬は
ボクと変わらず赤くなって
さらに強く叩きました
そして抱いてくれた

涙とは反対に 笑顔になる君の口から

「私の 傍にいてほしい」
屈託の無い言葉を
僕は信じられたのなら
時を永遠に あなたと刻もう



何でいまっさらクリスマスなんでしょうね???
自由詩から初めて作った詞なんでやたら短いです。
そして!告白シリーズとして題名は1です。これから5つくらい書くつもりです。
スランプ脱出へ!!!
[PR]
by augusupormo | 2006-02-26 22:48 | 歌詞

生きること


 生きるって事はつまり 希望とか失望とかにすがりついて
 そしてそれに振り回されても どうにか自分を保ってる事
 
 死にたくなったりするけれど 合間にふっと笑えるような
 そんな出来事があるからそれで
 自分を保てばいいんじゃない?
 
 誰かのために人は生きて 自分のことでめいっぱいでも
 泣いたあの子を見れば声をかけている
 出来れば上手く生きたいし 不幸は誰かにあげたい
 それでもさ あの子の手は暖かいんだ

 それでもさ 「ありがとう」は暖かいんだ





 アドバイスをくださった方がいまして、そのアドバイスを色々試行錯誤してます。
 なるだけ自由に書きたいな~っと思い直して自由詞というものに挑戦です。
 ・・・まだ直らない。

 
[PR]
by augusupormo | 2006-02-26 14:46 |

400人。


 400人です。

 スランプなんで詩は書けないんですけど嬉しいです。

 今度また変な企画をしようかと考えてます。

 まァスランプから出てからですけど・・・
[PR]
by augusupormo | 2006-02-25 12:47 | 日記

HOT。

歩いたり 転んだりするのが人間さ
立っているだけでそんなことだから 
たまには 間違えたり不覚を取られたり 
君にだって迷惑掛けたりして 

古い屋敷はどうにも 
暖かく感じちゃうんだ 
二人の間の空気も 
そんな風になれたらいいな

いつかは 大きな夢をどこかにおいてゆこう
小さくても 重たい夢を背負ってゆこう 
必ず なんて言えるほど強くはないけど 
少しでも 少しでも幸せが生るように 

あんまり 早く走れないのが僕さ 
君を待たせているときでもそうさ 
やっぱり 謝っても許してくれなくて 
君にばっか迷惑掛けているね 

新しいコンクリートは 
白さがとても冷たくて 
君のその白さの奥に 
そっとHOTを探すんだ 




マズイ・・・ほんっとうにスランプだ。
書けるスランプは初めてだ。
書けないスランプよりも、駄作の積るスランプは辛いなぁ・・・下手。
[PR]
by augusupormo | 2006-02-24 15:38 | 製作詞

スランプ・・・。


 最近どうにも上手く書けない・・・。

 元々、言いたい事が浮かんでから詞を書いているとすっっっっごくペースが遅くなるんで、

 なるだけ一言でも浮かんだら形に出来るようにってがんばったせいか、

 内容が読んでもらった人に伝わらないって言われた・・・。

 しっかし、思いつかない。これといって言いたい事って浮かばない。

 ゆえに書きたくなると詞の雰囲気に頼った駄作になってしまう・・・。

 ・・・マズイ。何か手立てがあったら教えてください・・。
[PR]
by augusupormo | 2006-02-24 13:57 | 日記

あの場所に・・・


 一言の重みが こんなにも痛いたしい痕になる
 掛け違えただけで 何もかも崩れ去ってしまう

 あの夏の暑さに酔い そしてまたふらつく君
 今はもう冬を過ぎて 暖かさがしみるあの日に近づいている

 小さなつぶやきも あの日君が放った言葉全て
 僕の胸に深く 傷のようにぶり返して聞こえる

 あの川を過ぎた場所で 一時の幸せ感じ
 その全て溶けていった 二度とあの場所へは行けぬと思っていた

 小さく細かったあの体は 今再び生を受けるために・・・
 
 あの言葉ぶりかえし 戻ってみよう痛みある内に
 涙が出る内に 君の笑顔を思い出せる内に

 壊れても砕けてても まだそこに君がいるなら
 いくつもの傷み抱いて 戻ろうかあの場所へ
 君のこと忘れはしない 痛みがあるから忘れはしない
 君のことが好きだと 言えなかった事さえも・・・




何故かこんな詞に・・・何でだか。
[PR]
by augusupormo | 2006-02-24 13:50 | 製作詞

高い。


 努力する人ってすごい。

 自分で足りない物を補うって事。

 自分で何かを得て、それを作ってしまうという事。

 自分の間違いを正解にするって事

 今日、風邪引きながらもテストを受けてる友達がいて、

 メール打ったって一回しか還って来ない。

 勉強しているんだろうけど、少しはこっちにも手を回せ。

 ・・・言いたい事がずれだしてる。

 要するに、

 自分に出来ない事をする人ってすごいと思う。

 何より自分よりできる人ってすごいと思う。 
[PR]
by augusupormo | 2006-02-23 23:02 | 日記



詩を中心になにやらわらわらやってます
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
プロフィール

芸術系サーチエンジン

作詞サイトランク

携快達人▼趣味

小説サイト(仮)。



リンク集




koharuさんが復活してくれました!
素敵な作詞ブログです!
*tRanQuiL*

水蓮真澄様の小説サイトです!
うちゅ~人の書斎


見えない扉

ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧