好きな場所

<   2008年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

痛み

(生きることに苦痛を覚える少女
(生きるたびに悲しみを覚え
(生きるが故にその心は病んでゆく
(あぁ、誰か悲劇を与えたまえ
(この命と引き換えに、
(この世から去る言われを、与えたまえ・・・

水が滴り落ちるように この心は乾いてゆく
大地を照らす太陽は私を 見てはくれなくて

命の溢れる世界にさえ 孤独があること
誰も知らず生きていけるなら それは素晴らしい事

(笑え、笑えよ
(悲しくとも辛くとも笑え
(それが唯一、人に見せられる
(お前の姿なのだから

今日も流る水の中に一滴の涙が飲み込まれる
朝日がそれを消しそして 天に召さん事を・・・

いつか渡しそのものもあの海へ向かう川に落ちる
朝日よ月夜よ未来よ私はそれを受け入れるから
どうか、どうか長い川の果て、私であるように・・・

(突き刺さるのはナイフよりも冷たい人の心
(誰にも触れぬはずの心は、痛々しく血を流す
(痛みとは、存在するから生きるのか
(生きることが痛みなのか
(その答えを間違える事なかれ
(やがて消え去るもの、何も知らずにいればいい・・・


(のなかは朗読的な詩です。
サンホラを聞いてからそんな感じをイメージして書きました
・・・無駄に音楽の幅が広い自分ww
[PR]
by augusupormo | 2008-01-27 19:47 | 歌詞

生きた断末魔

知る事は好きだという証拠になって
だけど知る事で見える君の姿は
僕が愛する君ではなくて 僕が嫌う君でもなくて

小さな角から君に触れた 刺々しい痛みと不思議な暖かさ
何度となく触れて少しずつ 見えてきた君の姿

このまま隠された君を抱きしめよう 憎悪や醜悪なんて君にはないから
黒いマントに包まっていなよ そこは 僕のことも見えないから

君は知らないだろう?僕の弱さを
恥をかいて胸を晴れない情けない僕
こんな僕を愛してくれる訳がない だから僕はマントを羽織るんだ

わずかな願いが僕に触れた 微かに密かに見えた君の言葉
視界を遮って耳にかぶした フードを 貫いてきた君の言葉

僕の顔も体も声も知らなくていい 愛だけを君だけのために生み出そう
日差しすらも遮るカーテンの中で君は 僕だけを見てるフリをして

これが愛?と笑うならそれもいいだろう 結構だ滑稽に踊るクラウンでいい
愛するは君一人ほかに何も要らないよ 
さぁ今日も歌って 僕を変えてくれた
あの「生きた断末魔」を



まだ風邪が治りかけなのにこんな時間に詩を書いてます・・・
なので(?)久しぶりに詞の解説などを・・・

この詞は元々純愛をイメージしたのですが、
途中から主人公が情緒不安定化したあげく、シリアルキラー(猟奇殺人犯)にまで堕ちてしましました・・・(汗
これは管理人が最近そのシリアルキラーについて書かれた本を読んだからではないかと思われます。。。
一人殺せば大騒ぎの日本に比べると、ほかの国では数人、数十人、果ては数百人も殺した人が、わずか200年前までに存在していたという事実には驚愕でした。
決して真似などしたくありませんが、正直、歴史の勉強という意味ではそれに叶った本だったのではと思います。

最近の映画でも「スウィーニー・トッド」なんかも有名なシリアルキラーの活躍する小説ですからね。(ジョニー・デップが出てるから!なんて生半可なこといって見に行くとしばらくお肉が食えなくなりますよw)

なんか長々と語ってしまいましたが、ようやく風邪も治りそうです。
結構久々にひいたので辛い日々でしたね。。。
皆さんも風邪には気をつけてくださいね~☆
[PR]
by augusupormo | 2008-01-25 03:33 | 歌詞

風邪は辛いですねぇ・・・

どうも。弟の風邪を見事に貰ってしまった管理人です。。。

症状は、頭痛、熱、気だるさ、神経痛などたくさんです・・・

おまけに不眠症と神経痛の痛みでまともに眠れません・・・

仕方なく今こうしてパソに向かって暇つぶしです。。。

皆さんも体調には気をつけてくださいね~・・・
[PR]
by augusupormo | 2008-01-22 23:07 | 日記

星を思う

僕らは星だ

線で繋ぎ絵を描き、流れ落ちて夢を聞く

言葉少ない僕らの歌は 君たちに届いているだろうか?

遥か遠い世界

そこに空間が存在するのか分からないほどに

それでも僕らは君を思う

君が僕らを見上げるなら

僕らは君と結ばれている



高屋奈月さんは最高だぁ☆
(これがいいたかったww
[PR]
by augusupormo | 2008-01-20 21:23 |

笑って

もうだめだよと笑って
君からそう笑って
僕に君は止められない
あまりに頑張ってるから

今日も生きていた 明日もきっと生きられる
そう言って 笑ってくれた
僕も笑おう そう心に誓ったのに
涙が零れ落ちた

土砂降りの雨の中を 
僕だけ佇んでいて
君のない世界よりも
世界にいない君が欲しくて

みんな泣いてる 空が黒くて怖いと
それでも空を見てた
君が言ってた どんな日もお日様は ほら
あの空で笑ってるんだ

今日も生きてた 明日もきっと生きてる
それはきっと 変わらなくて
僕は笑おう 君がくれた笑い方はきっと
最高の笑顔だから
明日もちゃんと 生きていたいと思えますように
愛する、君のために
[PR]
by augusupormo | 2008-01-17 23:27 | 歌詞

未来

未来なんて分からない

これから起こる事を予想してもしょうがない

全てを受け入れる心は保てない

それでも生きていなきゃいけない

僕らは一秒先に震えながら

永遠の未来へ希望を抱く
[PR]
by augusupormo | 2008-01-13 11:53 |

歩幅

僕を追い越してゆく人 決して僕より足は長くない
なのにどこへ向かってるのか やたら速く歩いてた

水の上を歩く事も 空の雲にも乗れない
この足は地面だけを蹴り 前に進んでゆく

僕は僕の行き先を知らない 気づいてたら歩き始めた
それはたぶん何処かへ行こうとする僕の進化だった
今更足を止めはしないし 走り出そうとも思わない
この速さが僕の大切になる そんな気がしていた

僕は今日も歩いているだろうか? もしかしたら止まっていたかも
地面が僕と逆に向かっていて その場で動けないのかも

それでも足は動く 地面も存在してる
ならこの大地を蹴り続けよう 前に向かって

自分にしか出来ない事は 多くはないけれど
自分がしたいことはきっと これからも増えてゆく
悩む必要なんてないよ 休みたきゃ休めばいい
それぞれの変化の証を ちゃんと覚えていればいい

くよくよしたらそれで どうなるの?
焦ってみたら何が変わるの?
同じように歩くことだけは 変わらなかった僕ら

きっとこれからも出来ない事が 僕にはあり続けるだろう
だけど世界中の何一つ 変わらずにはいられない
少しずつ前を歩いてゆこう 変わらない僕の歩幅で
速さも時間も距離すらも 関係ないふりして
僕は変わらないままで いることはすごいと思う
[PR]
by augusupormo | 2008-01-07 19:45 | 歌詞

それがたとえ何の価値のないものでも

人はそれにすがり続ける

誰かにそれを侮辱されても

何かにそれを侵害されても

人はそれを宝を信じる

信じ続ける心は、宝を見つめるその眼は

宝石のように輝いている



バンプのアルバムについてきた小説に涙しながら書きました(涙
いいわ、やっぱり・・・
[PR]
by augusupormo | 2008-01-05 16:06 |

今年最初の詞

君が欲しいものは 今背負ってるものを
失って初めて手に入るものなのかい?
傷を負って知る 痛みのように
何かを犠牲にしてまで欲しいものなのかい?

くだらない事なのだけれど 僕はここにいて
君のために尽くす事を この手の温もりに誓うから

君が僕のために両手を使わなくても
片手だけあれば 僕が掴んで離さないよ
一人で繋いでるわけじゃないからそれで
失わないで僕のことを手にしていてよ

一瞬だけの愛と 人は笑いそしてその通りになるくせに
僕らはこの手を離さないでいるんだ
きっと離れる事すら僕らは知っているんだそして
受け入れるつもりなんだよね

君が僕をぎゅっと掴まなくても
僕も君をぎゅっと掴まなくても
二人分の強い手のひらは温かいから
春が来るまではずっと離さないから・・・
春が来るまで・・・春が来るまで・・・


題名は「片手の絆」かな?
[PR]
by augusupormo | 2008-01-05 01:54 | 歌詞

アケオメことよろ

なんだかわけのわからん歌を聞きながらニコ動で年を越してしまった管理人ですww(汗
とりあえず今年もよろしくなのですが、
最近「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。」なんてあんまり言えない・・・
「あめおめ!コトヨロ!」でいいとおもう管理人はダメなのでしょうか?
それを言ったらメールの進歩した今現在に年賀状ってのもどうかと思うこの頃です。。。
それでもしばらくは消えない伝統なのでしょうね。
そういったことを思いながらの今年の始まりです。

皆さん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
[PR]
by augusupormo | 2008-01-01 00:07 | 日記



詩を中心になにやらわらわらやってます
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
プロフィール

芸術系サーチエンジン

作詞サイトランク

携快達人▼趣味

小説サイト(仮)。



リンク集




koharuさんが復活してくれました!
素敵な作詞ブログです!
*tRanQuiL*

水蓮真澄様の小説サイトです!
うちゅ~人の書斎


見えない扉

ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧