人気ブログランキング |

好きな場所

カテゴリ:自分の事( 57 )

以前のランキングをみて変わったかもしれないので。

第二回「何となく開いてみるともう一度全部読み返したくなる漫画ランキング!!!」


以前やったのを読み直して、変わったかなぁと思いまして。。。

以前のランキングを思い返すと、「これはないだろ・・・」的な感想を覚えましてw

第5位。

『フルーツバスケット」
作者 高屋奈月先生

落っこちましたね。だけど未だに大好きです。
『星は歌う」ももちろん買って読んでいます。
コマ割や台詞とモノローグを同時に読ませる表現がとても勉強になります。。。

第4位
「ハチミツとクローバー」
作者 羽海野 チカ先生

同じ位置ですね。読み返すと泣くのであまり読み返せませんw
「3月のライオン」も読んでおります。
先生は面白いコメディの中に「人間」を当てはめるのが本当に上手いと思います。

第3位
「うる星やつら」
作者 高橋留美子先生

なんでじゃ~!!!w
でも小さいながらに映画版を見まくって未だに大好きです!
最近全巻ようやくそろえて読みました。未だに通用するギャグだと思います。

第2位
「目隠しの国」
作者 筑波さくら先生
前やったときは読んでなかったかなぁ?自分は元気な女性が好きなようです。
とにかく絵が綺麗な事、物語が全体的に軽くそれいでいて人の内面を描くのが綺麗です。
結構前になりますが、「ペンギン革命」も「よろしく☆マスター}も読んでおります。

ここまで書いてみて思ったことが。
ランキングじゃなくて5選にすればよかった。
正直2位の目隠しの国がフルバよりも好き言うことはないですな。逆もまた然りです。
とりあえず書いてしまったものはしょうがない。
趣旨全否定ですが、

第一位
「ARIA]
やはりこれに尽きます。
ほっこりします。心が。アリア社長のマグカップで飲むココアは絶品です。
冬や寂しい日の読書には最適だと思います。


ここまでやって改めて。
この5作品に順位はないですね。全部同じくらい大好きです。

ちなみに次点は
「天」『アカギ」「ハガレン」「蟲師」「スペースコブラ」などなど・・・
ほんと漫画読んでるなぁと・・・つくづく思います。
by augusupormo | 2010-12-02 18:22 | 自分の事

新型うつ。

最近ちょっと話題の「新型うつ」。
その典型的な症例が最近の自分に見事当てはまっててびっくり。。。

過食、過眠とか体重増加、常に伴う疲労感と虚脱感などなど・・・。
もしかしたらそれなのかもしれん。。。

・・・まぁ、それ以上に厄介なものを背負い込んだ経験があるおかげ(?)かわからんけど、あんまり辛かったりはしない。
そんなもんだろう。
by augusupormo | 2010-09-28 15:14 | 自分の事

アイマス。

アイドルマスター。
自分としてはついつい買ってしまったゲームだ。
PVの勢いそのままにXboxごと買ってしまった、ちょっとした汚点だ。
その後Xboxの優良タイトルに恵まれて今に至るけれど、未だにニコ動でのアイマスを見ていていろんな意味で救われるタイトルだった。

それがタブーを犯した。ファンを否定した続編の製作。
侮辱としか思えないその方向転換は、いま自分のような小さなファン層すら絶望の淵にたたせている。

ファンを大切に、何て言葉すら救いの言葉だ。
ファンの望まない方向性に侮辱とさえ取れる新キャラの創造。
心のそこからこの作品を憎む日が来るとは、思っていなかった。

これほど落胆を覚えるのは、アイドルマスターを愛してきた多くのプロデューサーというファン層のおかげだ。
彼らの驚異的なまでの愛情が、たかが一ゲームをそれほどまでに昇華させていたからだ。
彼らから贈られる多くの贈り物に、日々喜びを覚えていた。
そんな人々さえ、今は終焉の決断を待ち続けている。
それほど多大な被害を彼らは容赦なく突きつけた。

このブログらしい言葉で濁そうかとも思ったけれど、ヤケ酒にあおられた自分には、そんな文章力は残っていない。
アイドルマスターがこんな形で終わりを迎えるとは思っていなかった・・・。
これはおそらく、めぐり巡ってバンダイナムコという会社を揺るがすかもしれない。
それを回避できるのならそれなりの労力も惜しまないつもりだ。



何を言いたいのかよく分からなくなってきた。
とにかく失望した。絶望した。
東京ディズニーシーで感激した時間が、まるで遥か過去の話しのよう・・・。
代償として、バンナムは潰れてしまってもいい。
これ以上、何を望もうか?
テイルズ好きの自分としても、これ以上の何かを望めはしない。
全てが終わったとき、自分は言うだろう。
「・・・さまぁみろ」・・・と。
by augusupormo | 2010-09-20 04:23 | 自分の事

好きな自分

いつから自分がこんな風になってしまったんだろう?
どうしたらまともになれるんだろう?
そんなことを必死で考えて苦しんでた時期もあった
漫画の世界のようにまっすぐ仲間と進めたらと、何度も思った。
高校へ行き、大学へ行き、就職をして・・・。
そんななんでもない世界を作っていきたかった。
だけどもう、それは出来ない。
少なくとも、今ここからだと少し回り道だ。
回った分同じスタートから始めた人は先に進んだ。
回った分だけ俺は遠くからずいぶん背中ばかり見てきた。
時折情けなくて、同世代から目を背けていたときもあった。
自分が嫌いだった。

今は少し、好きだ。
嫌いだけれど、嫌いじゃないところもある
自分であってよかったと、感謝することもある
どうにかこうにか19年。
明日も見えない人間だけど、
どうも100年は長すぎる
明日生きていたのなら、明後日生きていたのなら、
そんな繰り返しがあと81年分。
少し重たく、馬鹿げてる。

とりあえず、ひとつ積み上げよう。
明日生きていたのなら、
俺は明後日のことを考えよう。




なんだかいろいろ考えた。
おかげで二つの詩になってしまったので分割しました。。。
もうすぐ新年だねぇ・・・。

・・・ふぅ。
by augusupormo | 2008-12-16 01:31 | 自分の事

「生きる」事。


                  何年かかけて貫いた苦労

           その見返りが今、自分の中で強く自信を生む

        誰に否定されもせず、肯定もされない問いの答えであっても

           今の僕には何の迷いもない答えを持っている

            生きる上で最も大切な事、それは「生きる」事。
by augusupormo | 2008-09-13 00:05 | 自分の事

最近

最近気づいた事がある

それは、自分は決して死にたがりではないということだ

自殺というものへ求めていたのは、社会からの脱却だった

そのためならば別に死ななくてもいいのかもしれない

ただ、手っ取り早い方法として死を選び、そしていつでも自分に向けて引き金を引けるよう、

努力してきたのだろう

都合よく死を肯定化する哲学もまた、それと同じ行為だったようだ

ここ数日、自分はかなり追い込まれていた

過去の例のように発作が起こってもおかしくはなかった

ただ今回それが起こらなかった事でわかったこと

自分は死にたいと心から願ってなどいない


これでまた次への一歩が歩める

次はこの死から離れ、何を持ってこの発作を止めるのかだ
by augusupormo | 2007-10-25 16:21 | 自分の事

拳が痛い

時々、思う

「する」のか、「しない」のかではなくて

「いつ」するのか

もう俺にはその選択肢しか残されていないのではないか、と・・・

あの日から・・・

あの時から・・・

鏡の向こう側で、凶悪に笑っている自分を見て

大きなハンマーでそれを叩き割って消えた自分と、出会った瞬間から

自分も、こちら側の俺もいつか

自分に、あの大きなハンマーを叩き込む。

それだけのために、どんなに足掻こうが逃げようが

それだけのために、それに続く道しか

歩めなくなっているんじゃないかと・・・

時々、思うんだ
by augusupormo | 2007-08-19 16:31 | 自分の事

過去

昔なりたいと思った人形には
こんな痛みも微笑みも無かっただろうから・・・
現実を考えるのが嫌になった頃
自分の夢だけは自在に操れた
どんな夢でも見れた
どんな世界でも表現できた
それを現実にしようと思うまでは
眠るという行為が何よりも楽しかった
だけど、それはやっぱり夢のまま消えてゆく
朝日の強い日差しに溶けるように目から追い出されてゆく
その虚しさはとても
幼い心を痛めつけてゆく・・・

人形なら痛みも、悲しみも苦しみも、苦悩も努力も息を吐くという生きる行為まで
何も必要ないのだと知ってから、僕は人形に憧れを抱いた
ただ座っているだけの人生
弄ばれるまま、愛されるまま、放置されるまま、捨てられるまま・・・
その人よりも人らしい瞳に何が映っていようとも
心の無い人形なら何事も無く座っていられるだろう
そんな人間になりたかった・・・
by augusupormo | 2007-05-25 00:04 | 自分の事

ちょっと美味しい美酒も味わってみよう


世界一美味しい美酒

それを追い求めてるうちはきっと

多少美味しくてもまずく感じるんだろう

僕もそうだった

完璧な「彼」を描き続けたいがために

その過程にある喜びを忘れてた

少しずつ上手くなってゆく筆使いの感触

知らずに口に出る美しい言葉

気づけば歌えていた新しい音

全て少しだけ美味しい、人生の美酒なんだ

最高の美酒はあとで飲もう

今はちょっとだけ美味しい美酒を頂こう










最近呟いてばっかりです。。。
なんだか、詞を書くことが嫌いになりそうです。。。

その後また苦い口直しを経て

この前よりまた少し美味しい美酒を頂こう
by augusupormo | 2007-03-22 12:11 | 自分の事

生きてる意味

それって、出来ないことを出来るようにするためじゃないかな?
二年通ってやっと少し出来るようになったピアノも
上ばかり見てるから出来ない出来ないって思えるけど
二年前は左手と右手が一緒に動いてた。。。
それを成長というのか変化というのか進歩というのかは知らないけど
全部生きてるから出来ることだろう
だから生きてるんだ
だから生きたいんだ
死んでたまるか。生きてやる
まだまだあるぞ
もっとやりたいこと
全部やり通せるとは思えないけど、
やってみる。
これがまず生きる意味なんだろう。
by augusupormo | 2007-03-21 01:04 | 自分の事



詩を中心になにやらわらわらやってます
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
プロフィール

芸術系サーチエンジン

作詞サイトランク

携快達人▼趣味

小説サイト(仮)。



リンク集




koharuさんが復活してくれました!
素敵な作詞ブログです!
*tRanQuiL*

水蓮真澄様の小説サイトです!
うちゅ~人の書斎


見えない扉

ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧