人気ブログランキング |

好きな場所

<   2006年 12月 ( 46 )   > この月の画像一覧

それでいいんだ

見えないほど暗い 歩道橋を今日も走る抜ける
誰かとぶつかりながら
命持たぬ人間たちは 見る影もなく真っ黒で

どうしても 会いたいと思うけど
それが呼ばれているのか 呼びたいのかの区別付かない

まだ君を 見つけてないから
僕は止まらずに 進み続ける
一人だけとの 出会いだけのためだけに
生きることも悪くないだろう

暗闇の中にいるだけで僕らは 光を救いとみなしてしまうけど
君を探すのはそんなことじゃない
僕が僕であるために 僕は走り続けてる

かろうじて 見えた光の先っぽ
それを掴むべきか 離すべきなのかわからないままに

明日は会える かもしれないって
思えばなにがあろうと 止まれないんだ
一つだけの 命燃やして
君を照らし出せるなら それでいいのに

まだ君を 見つけてないから
僕は止まらずに 進み続ける
たとえ僕が そこで終わったとしても
君を照らし出せるなら それでいいんだ


サビ以外は超適当な感じに・・・(汗
曲つけたら書き直すかも。。。
by augusupormo | 2006-12-04 23:20 | 歌詞

太陽

いつものように笑ってよ 何も考えないで
何も知らないけれど 笑顔は素敵だと知ってるよ


真っ直ぐ歩いてるつもりになってる
真実に嘘をついてないような顔だと思ってる
いつも元気に咲いてる 花の夜を知ってるかい?
しおれても折れても まだ太陽を信じてる だから

いつも笑っていて 僕は君の太陽になりたい
悩みも不安も吹き飛ばす 強く優しい光なりたい

どんな声がお好きですか? どんな顔が好みですか?
君にだけは正直でいたいけど 君に愛され続けたい
どうせたいしたことは出来ない ぼくだけど一つくらい
出来るかな?君のために 一筋くらい日を射せるかな? でもね

人は欲張りだけど 僕はもっと欲張りで
一つだけじゃ足りなくて 君の全てを望んでいる

だから!

いつものように笑ってよ 何も考えないで
どんなときでもそうなれるよう 僕が太陽になるから
いつものように笑わせよう 暗い顔は君に似合わない
何も知らないけれど 笑顔は素敵だと知ってるよ


曲作るの苦手でも即興で歌うのが上手いってどういうことよ(汗
ぜんぜん楽譜にならんし(アセアセ
by augusupormo | 2006-12-04 16:52 | 歌詞

If・・・

僕は空を飛びたかった
雲を追い越してみたくて
鳥のように 蝶のように 飛んでみたかった
羽をはやして

でも もしも

君に会えれば それだけでいい
ほかに何の願いも叶わなくていい
君だけが そばにいるなら・・・

僕は永遠に生きたい
何も痛みも感じずに
楽な暮らしと 幸せな思いよ 永久に続け
僕を満たして

でも もしも

君がいるなら それだけでいい
傷ついてもいいし死んでもいい
君だけを 幸せと呼ぶよ

明るい空も 輝く海も 永久に美しく 残ればいい
僕らは今日を 生き抜ければ
また誰かと会えると 信じて生きてる

君に会えれば それだけでいい
ほかに何の願いも叶わなくていい
どんな言葉も 聞き逃さず
どんな願いだって 叶え続けよう
君だけが そばにいるなら
僕がまた僕になれるよ



早々と治るというすざましき特効薬(汗
by augusupormo | 2006-12-03 18:30 | 歌詞

歌のProfundity

昨日よりも 綺麗な歌を弾きたい
そんなことばかりを考えてしまう

うるさいほど 頭の中で響いて
声になる 歌になる素晴らしいメロディ

やらなくちゃいけない わけじゃないけど
僕を突き動かす思い

どんなものも 失うのは怖いけど
それでもね 何とかこれだけは残すよ

こんなにまで 積み上げて
それでもまだまだ 届かないけど
それほど高く 険しいのに
一つも嫌じゃない 歌のProfundity

大嫌いに なれるならいっそなりたい
そうすれば こんなに辛くないのに

出来るならば どうせならって思ったら
止められない 癖になりそうな快感

なにを生むわけでもないよ でもね
心はそれを求めてる

辛いときの 歌はそりゃ
棘がある薔薇のように 痛々しいけれど
晴れ行く空は 聞いてくれる
僕は少しだけ 照れながらまた歌う

こんなにまで 積み上げて
それでもまだ足りなくて 僕は声を張り上げる
それほど高く 険しいのに
一つも嫌じゃない 歌のProfundity

まだ治ってないかも・・・(汗
by augusupormo | 2006-12-02 17:25 | 歌詞

スランプ!!!

やばい!
重症だ!!!
かなりきついぞ今回は!!!
by augusupormo | 2006-12-01 22:10 | 日記

今日の出来事


下手な詩を見た

それはとても下手でくだらない詩だった

とにかくもう情けない詩だった

だけど、そこは始まりだった

気づけば遥か遠くに位置する場所だった

僕のそれは消えてしまったけど

あの子にとってそれは消えないものになるといいな

と、初めて詩を書いたという子の詩を見て

なんとなく、先輩ぶってみたりした
by augusupormo | 2006-12-01 20:01 |



詩を中心になにやらわらわらやってます
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
プロフィール

芸術系サーチエンジン

作詞サイトランク

携快達人▼趣味

小説サイト(仮)。



リンク集




koharuさんが復活してくれました!
素敵な作詞ブログです!
*tRanQuiL*

水蓮真澄様の小説サイトです!
うちゅ~人の書斎


見えない扉

ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧