人気ブログランキング |

好きな場所

<   2007年 05月 ( 46 )   > この月の画像一覧


君に会う前の僕は、静か過ぎる夜のようで
何気なく空を眺めていたら、君を見つけた
雲に覆われたはずの空の 小さな小さな片隅に
ほんの少しの光をくれて 僕を見てると言ってくれた

嬉しかった 自分から窓を開けられないような臆病者でも
見てくれてる人がいるのだと
そうして僕は始めたんだ
窓を開けて 風にさらされ
本当の意味で生まれたんだ

君をどこまでも近く感じられる場所へ
季節が巡っても君といられる場所へ
そんな奇跡のような場所を探して
歩くことは生きてる証だから
by augusupormo | 2007-05-09 11:35 |

眠いの我慢して更新中・・・


すっごく眠いですよ・・・
睡眠薬飲んでしまったのでなおさらですよ・・・
ところで、先ほどボイスブログでリクとムイを演じてみました。
興味ある方は覗いてみてください☆

それにしても、以前から思っていたのですが
ここにしてもボイスブログにしても
最近人の入りが順調なのですよ。
とっても嬉しいことなのですよ。
始めた頃は一日に一人とか、最悪0人なんてこともあったりなんかしましたが、
今では4日で100人ほど入るくらいのペースになりました
ありがたい事です。
これを糧に更新も頑張りたいと思うのですが
ふと思うことが一つ。
こんなブログを本当に楽しみにしてくれているのだろうか?
時々不安になります。。。
なんせこっちとしては趣味と暇つぶしの詞やら絵やら声やらを恥を覚悟で皆さんに見てもらっている訳で、正直自信がありません。
[こんなもので皆さんに喜んでもらえるのだろうか?」なんてこともしょっちゅうです。
もちろんコメントなどで励まされたりすることもあり、多少の手ごたえというものはありますが、
やはり不安になってしまう所があります。。。
ぶっちゃけると、たぶん自分だったら週に一度くらいしかは来ませんでしょう(汗
それなのに毎日来ていただいている方もいらっしゃるそうで・・・
もう感謝の極みで御座います。。。
長くなりましたが、
いつか自分でも自信を持って皆さんに見てもらえるような作品を描けるように努力してまいりますので、
これからもこのブログをよろしくお願いします。



眠れないので書いたよく分からない本音でした。。。
by augusupormo | 2007-05-09 01:32 | 日記

まだまだ知らないことで 馬鹿にされる日々だけど
それでも少しくらいは 分かってきた この社会を
そして俺は嘆くのさ 捕らえられた狼のように
俺は広大な大地を 走って 走って くたばりたいんだ

知るはずなどない 俺が生きる意味など
たった17年間で知れるはずが無いだろう
まだ早すぎるさ 自分に値札を付けるのは
やがて金で買えない「人」になれ

呆然と過ぎてしまう 少し前未来と呼んでいた時
明日こそはと言えば 俺の心は 未来を恐れ始める
俺も腐りそうだからと 腐った社会から離れても
この部屋から出ないことには 痛んで 腐って くたばってゆくだけ

這い上がろうぜ 生きるという荒波の中を
終わりのないこの海から逃れようともせずに
ここで終わりだなんて 簡単には許されないぜ
もがきながらも渡れこの大海を

所詮ちっぽけな俺達なのさ
決して敵わぬものに挑んでいるのさ
終わりある俺達の 終わりないものへの
挑戦は今も続いてゆく

知るはずなどない 俺が生きる意味など
初めから決められてなんかないさ ここから這い上がってゆけ
まだ早すぎるさ 自分に値札を付けるのは 俺だから
やがて金で買えない「人」になれ
渦巻く荒波を飲み干す そんな人間に



ぐわ!っときたインスピレーションのままに!
by augusupormo | 2007-05-08 00:29 | 歌詞

紅茶と砂糖はいいお友達

それが一つの紅茶だとしたら あなたは甘くしてくれる砂糖のように
さらさらと綺麗に私に溶け込み 渋さを失う私を彩る
応えたいと思ったけれど 私はその手ほど暖かくない
だけど寒空の中であなたの手を そっと握って離さない

もう行かなくちゃ、あなたに渡す最後の言葉
それは始まりでもあってほしいから・・・

どんなに、どんなに苦しくたって泣かないよ
頑張って、頑張って、涙止めて笑うんだ
最後まで手を振って君の笑顔見つめて
その笑顔に感謝を告げたい。ありがとう

あなたのくれた紅茶のように 私は今も甘いのだろう
周りは少し前とは違って華やかで 幸せだと思えるんだ
それでも帰る思いは変わらない ここでまた辛い別れをしたとしても
紅茶は砂糖なしでは甘くならない それなら砂糖もまたしかり

寒空を見た あなたと繋いだ手を想い出す
今も繋がってるように暖かい・・・

まだかな? まだかな?って毎日数えたよ
苦しくて、苦しくて、枕を抱いて泣いた日も
初めて笑ってくれた時から涙交じりの笑顔まで
一つ残らず私に溶けてる ありがとう

ありがとう、ありがとう 誰もいない部屋で呟く
本当ならあなたに聴いてほしいのに
出来れば一緒に笑いたいのに・・・

会えるね、会えるね、もうすぐあなたと会えるんだね
嬉しいな、嬉しいね、どこから何から話そうか?
それでも一つ決まりごと それは私達の中ではきっと
変わらないよね?ずっとずっと・・・

伝えたいことがあるんだ、・・・ありがとう。


下の詞と対になるのかなぁ?
最初題名が「ありがとう」だったのに、いつの間にか砂糖と紅茶・・・(苦笑
by augusupormo | 2007-05-07 15:48 | 歌詞

サヨナラを笑顔で言えたら

今思えば、何てことない日々の集まりが
あの時はなぜこんなにも楽しかったのか 分からない
二人きりで屋上に行って昼寝したり
放課後の公園でブランコこいでたり

振り返れるほど心に残った思い出たち
その中であなたはいつでも、笑っていた

サヨナラを笑顔で言えたらきっとまた会えるから
涙を少しだけ待たせて笑おうとしたんだ
あなたが笑っているところで泣いてなんかいられないから
会えるその日まで、笑っているから・・・

あなたのいない席を見つめて、ふとした瞬間涙こぼれて
苦し紛れにあくびでごまかす 一人の屋上は寒かった

遠い空の中に消えてゆきそうになるあなたの笑顔を
必死で思い出して染み込ませるように泣いた

サヨナラで笑顔を言えたらきっとまた会えるよね?
あなたに聞こえないように泣いた夜もきっと思い出になる
あなたも少しくらい泣いてもいいよ涙枯らしておきなよ
会えたときには、泣かないように・・・

サヨナラを笑顔で言えたらきっとまた会いたくなるよ
あなたの中にも私の笑顔が光っていますように
あなたと一緒に笑っていた自分はすごく好きだったから
あなたのこと大好きだよ ずっと・・・笑っていようね
サヨナラの続きも



詞先で書きましたので曲はイメージくらいしかありません。。。
そして女性同士の友情をモチーフにしたのであまり男の僕が歌いたいと思う詞でもありません
曲は作って誰かに歌ってほしいなぁ・・・なんて願望が(汗
by augusupormo | 2007-05-06 19:58 | 歌詞

大きくなったけど心は子供。

f0040945_0422487.jpg

by augusupormo | 2007-05-06 00:42 | 日記

夜が明けたら

月は満月だ
この頃夜風も暖かい
そうだ、散歩しに行こう
何気なく吹く風をさわりに行こう

目を閉じたら 夢の中
僕はそんなひと時を楽しんでいたよ

明日もきっと 同じように
月を見て 枕を抱いて 君は眠るのだろう
そして夜が明けたなら 僕も君と同じ空に
輝く太陽を見つけて 動き出す

星は綺麗だ
そのうち流れそうなほどに
そうだ、願い事をしよう
誰かが幸せであれと、そう星に願いを

この空もまた 夢を見る
あどけない夢を見ているのだろうね

今日はとても 晴れた月夜
曇り消えた 星のない日を 忘れさせてくれるよう
そして雲が晴れたなら 僕と月の間には
光の橋が架かり渡る 夢のように

明日もきっと 同じように
終わらない 日と月の 食い違う愛を見る
そしてもし共に光り 輝く夢を望むなら
僕がその夢を見よう 子供のように
月と太陽の輝きの夢を・・・




詩のようで歌う気になりゃぁ歌えるんじゃねぇかなぁって詞。(読みにくい・・・

書けない書けないと何にも書けないって嘆いてて
しばらくして題名だけ思いついて
そのままスラスラっと・・・
by augusupormo | 2007-05-05 00:05 | 歌詞

ねぇ?

    聞こえる?

            「愛」・・・

君はどうしてここにいるの?

あなたはなぜここにいるの?

僕は誰も愛していないよ?

誰も僕を愛していないよ?

ねぇ?どうして?


あなたが愛されもせず

愛しもせずに

愛されたいと願っているから

私はここにいるの・・・
by augusupormo | 2007-05-04 16:41 | 台詞

これ一枚に何時間かけてんだよっていうイラスト

f0040945_08853.jpg




っていうか最近イラストと写メで送れる大きさとのギャップが厳しいこの頃。。。
まず僕は顔以外はみんな苦手です(全部っておい・・・
だから体描くのも、特に手なんかは何度も書き直します。。。
疲れる疲れる・・・
体勢、ポーズ、イメージもころころと変わり、この絵なんかは最初二頭身リクなんか欠片も出てこなかったわけで・・・(もっとマジシャンっぽくしたかった。。。
・・・スキャナほしいなぁ。。。(自分で壊したのだけれど(汗
そうすればボイスブログにでもイラストを入れたり出来るのに。
いっそ新しくイラスト用のサイトを立ち上げてもいいな。(いくつ掛け持ちするつもりだよ(汗
まぁそのためには、
もっともっともっともっともっと!
上手くならないと!!!!!
by augusupormo | 2007-05-04 00:08 | イラスト

前に進むということは

前に進むということは

足を上げることから意識するのだろうか?

一歩を踏み出し終えてから意識するのだろうか?

それとも、

最後の最後まで気づかないで

自分が歩んでいるという

風景が変わり変化してゆくということに

最後の一歩を踏みはずして

それでも立ち上がって空を見て

朝焼けだった空が夕焼けに染まっているのを見て

振り向くのだろうか?

自分がいた場所を

相対的に、今の自分を評価してくれる場所を

でもいずれは見えなくなる

どんなに大きく目を開いても

いつか婉曲の中に消えてゆく

ただ、

ただ、いつになっても

雨が降っても、雪が積もっても

風にさらされても、その上を人が踏み潰しても

歩き続けた足跡は消えない

それを見つけられるかが

きっと何より大事だと思う

前に進むということは

後ろを振り返りながらゆくのだと思う





長い(汗
そして看板息子達を下に追いやりたくない故、あまり更新したくない(汗
by augusupormo | 2007-05-03 19:34 | 日記



詩を中心になにやらわらわらやってます
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
プロフィール

芸術系サーチエンジン

作詞サイトランク

携快達人▼趣味

小説サイト(仮)。



リンク集




koharuさんが復活してくれました!
素敵な作詞ブログです!
*tRanQuiL*

水蓮真澄様の小説サイトです!
うちゅ~人の書斎


見えない扉

ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧